BAR TOMIO@長崎県長崎市

長崎2日目はあいにくの土砂降り。とくにやることもないので、市内を少し観光してまわったのだけど、それよりも昨夜ふらりと立ち寄ったBARがとても良かった。店名を「TOMIO」という。

画像

入店すると、わりとご年配の、しかしとっても品のいい夫婦がカウンターに。こうしたショットバーを夫婦で営んでいるのは、都内ではあまり見かけないので、BARの風景として新鮮。

画像

カルバドスをいただいたのち、ジャックローズへという僕にとって定番の流れ。シェイカーを振るバーテンさんの所作が、なんというか、パワフルでもスピーディーでもないのに、ものすごく洗練されていて美しい。キャリアによってしか体現できない動きで、それだけで酒のつまみになりそう。聞けば、今年でキャリア50年だという。実に、半世紀だ。

画像

「TOMIO」というからには、お名前が“富夫さん”かと思いきや、姓が“富尾さん”らしい。
ちなみに「NAGASAKI」というカクテルもいただいてみた。オリジナルなのかな? 美味かった。

画像

大変に居心地のいい空間で、これはぜひリピートせねばと意気込んだものの、来年3月に閉店の予定だという。「繁盛してるのになぜ?」と思ったけれど、「50年やったから、もういいでしょ」と言われると、返す言葉が見つからない。もともと、最後の10年を過ごすつもりで9年前に開いたお店なのだそう。うーん、もっと早く出会いたかった!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中