石川幹人『「超常現象」を本気で科学する』(新潮新書)

午後から明治大学で、石川幹人教授にインタビュー。情報コミュニケーション学部の学部長を務めるほどの方ですが、日本では数少ない、超心理学研究の第一人者でもあります。新刊『「超常現象」を本気で科学する』を拝読して、居ても立ってもいられず週プレの担当Kさんにオファーを差し上げ、インタビュー実現に漕ぎ着けた次第。

超心理学というのは、「オカルトと何が違うの?」と言われがちなジャンルで、実際僕もその定義が今ひとつわからずにいたのですが、いろいろクリアになりました。興味のある人にはぜひ読んでほしい1冊。「オカルト信奉者ではない」と明言しながらも、現代科学と折り合わない様々な事象に触れられていて、知的好奇心を刺激されまくること請け合いです。

????????

オビ文にビートたけしさんってのも凄い。

 

広告