八重樫取材、アップ。

カメラマンT君を携えて、大橋ジムへ。松本トレーナーとたっぷり話し込んで、八重樫選手が登場するとすぐにポートレート撮影。週明けには入稿なので、公開練習などの行事に参加できないのは残念ですが…。

長いことボクシングを見てきましたが、今回の八重樫vsロマゴンはまさしく10年に1度のカード。それをただワクワクしながらゴングを待つのではなく、選手にこうして張り付きつつ本番を迎えるというのは、僕としても初めての経験。「当日はリングサイドで楽しませていただきますから!」と握手してお別れ。

20140819

T君の写真も、実にキレてました。

広告