具志堅用高インタビュー。

昼過ぎまで自宅で原稿など。連載原稿を2本ほど片付けてから、ダッシュで渋谷へ。Twitterで交流していた某ライターさんとお会いして、1時間ほど雑談。年明けに3冊目のボクシングムックを出すことが決まったと告知したところ、「なにかお手伝いできませんか」と声をかけていただいたのでした。こうしてリアルで繋がっていけるのは、リスクもあるけど嬉しいことです。

のち、白井・具志堅スポーツジムにお邪魔して、具志堅用高さんのインタビュー。最近はタレントとして売れまくっているご様子だけに、年末に近いこの時期、無事にアポイントが成立したのは幸運としか言いようがありません。取材後、最近なにかと絡みのある太田プロのマネージャーさんが、夏にもお邪魔した月笑ライブに招いてくださり、思わぬ棚ぼたも!

20141128

晩は三茶でウイスキーを啜っておりましたよ。

広告

山形牛の宴。

朝から某社で貴志祐介さんの取材。このタイミングで声がかかったのは幸い! ちょっと長丁場の取材だったので、合間にランチがてら、年末の井上vsナルバエス戦のことなどボクシング談義に没頭。

夕方にはいったん帰宅。原稿その他の軽作業を済ませ、晩は画制作会社社長のサエキさんらと連れ立って、近所の山形牛専門店へ。この日はオーナーのU子さんも参加してくれて、メニューにはない“友達限定コース”をふるまってくれました。

ご一緒した女優の潮美華さんが、ちょうど誕生日なのだそうで、デザートプレートのサプライズも。

20141129

2軒目はもちろんデュランバーに連行。この日も未明までよく飲みました。

内藤大助インタビュー。

朝早めのフライトで羽田へ帰着。その足で葛飾区某所に向かい、こんどは内藤大助さんと合流。たてつづけに元世界王者を巡る、幸せな1週間ではあります。

お目にかかるのはちょうど3年ぶりくらい。前回よりも内藤さんの口調は滑らかで、本当にいろんな話を聞くことができました(ほとんど誌面では使えないのが残念)。

撮影の際、急きょ僕のスエードジャケットを使おうということになり、こんな出で立ちに。かれこれ7年くらい愛用しているスエードなので、なんだか妙な気分!(前夜の写真にも写っているやつです) 世界王者に着てもらえて、服も喜んでいることでしょう。

20141127

取材後、前回も一緒だったカメラマンのT君が、僕が「初めまして」と内藤さんに名刺を差し出したことに不思議顔。「前にも取材していること、なんで言わないんですか?」と。これはじつはよく指摘されることでもあります。

このあたりのさじ加減、他のライターさんはどうやっているのかぜひ情報交換したいところですが、率直に言って、2年も3年も前に会っただけのインタビュアーなんて、向こうは覚えているわけがないだろうというのが僕のスタンス(そうでもない人も多いけど)。

「覚えてますか?」と申し出ることで相手に気を使わせるし、無駄な時間も食う。その面倒な回想シーンを省いているだけなのです。名刺を見れば思い出してくれる人は思い出してくれるし、話しているうちに「前にもお会いしましたよね」と切り出してくれる人もいる。たかだか2回目くらいで「ほら、あのときの僕ですよ!」なんて言える自信はないわけです。

自分のなかでの基準は、大まかに3回目。この内藤さんの場合であれば、きっと1年後になろうが2年後になろうが、次回はこちらも「お久しぶりです」と切り出すでしょうし、向こうもすぐに思い出してくれるでしょう。たぶん。

博多で鬼塚勝也さんと。

午後わりとゆっくりめのフライトで福岡へ。一度チェックインして原稿などやったあと、夕方から鬼塚勝也さんのジムへ。一応インタビューの名目ではありますが、お会いするのは2年前に飲みに連れて行ってもらって以来のことで、とっても楽しみにしておりました。

1時間ほど撮影とインタビューをやったあと、中洲でご飯。珍しくミーハーっ気を出して、ツーショットなど撮らせてもらったりして。

20141126

真面目な話、僕はがっつり鬼塚世代なので、最近こうしてたまに構ってもらえる現実が、いまだに信じられずにいます。高校時代の自分に教えてあげたらびっくりするだろうなあ…。ボクシングを始めるきっかけも、間違いなく鬼塚さんの試合の影響が大きかった。もっとも、その鬼塚さんが一蹴した相手の下で20年以上もトレーニングすることになったのは、皮肉というか奇縁なのですが。

22時には解散して、ちょうど仕事を終えた頃であろうイカ 君に電話。タイミング良く捕まって、自転車ですっ飛んできてくれた。やはり博多は楽しい。

20141126B

せっかくの博多の夜ですが、明日も早いので日付が変わる前には退散。宿で少し仕事の続きをやって、ほどほどで就寝。

かんてき@三軒茶屋

僕の経営参加にともない、10月からデュランバーは日曜定休から日祝定休へと変更しております。なので本日はおやすみ。

そこでバーテンさんと常連の外人くんと3人で(鳥取メンバーですな)、今宵は三茶で飲み明かすことに。あてもなく三角地帯をぶらつきながら、「あ、ここ前から気になってるんだ」と僕がリクエストしたのは「かんてき」という焼肉屋。これがまあ、噂に違わず美味いこと美味いこと…。

20141124

その後、なんだかんだで4軒くらいハシゴして未明に帰宅。バー経営者たるもの、飲むのも勉強のうちなのです!(という大義名分が使えるようになったのはデカい)

渋谷の絶景。

お祝いごとで渋谷のセルリアンタワー。40Fの「ベロビスト」でコースディナーなど。

いやいや、渋谷をこの角度から見下ろすのはなかなか壮観であります。

20141122

これはくせになりそう。

竹原慎二インタビュー。

週プレでまとまったページ数のボクシング特集が実現。辰吉、鬼塚、畑山、竹原、西岡、内藤、具志堅という錚々たる7人にご登場いただきます。昨日、久しぶりに畑山さんにお会いして、今日は今日で竹原さんに話を聞くためT&Hジムを再訪。

竹原さんには以前、別冊宝島『日本ボクシング激闘列伝』にも出ていただいてますが、そのときは他のライターさんにお任せしちゃったので、きちんとインタビューさせてもらうのはこれが初。ちょっとした手土産代わりに、大昔、引退直後の竹原さんが大田区にオープンさせたイタリアンのチラシを、「これ、懐かしくないですか?」と持参してみました。なぜか大切に取っておいたのです。

20141120A

竹原さんといえばつい先日、膀胱がんとの激しい闘病が伝えられたばかり。いろいろ心配するところはありましが、お元気そうで安心しました。

晩は神泉で友人Cの誕生会を。最近よく通っているすき焼き屋さんにて。

20141120

暖まるし、この冬は何度もリピートすることになりそう。