高級珍味「このこ」。

午前中、神保町で毎月恒例の恋愛心理学の取材。ジムが臨時休館なので、午後は家事やデスクワークに費やし、晩は学芸大学でN編集長と打ち合わせがてらの一献。議題は夏に向けて準備中の書籍案件について。こういう飲みながらの打ち合わせは、いろんなアイデアがぽんぽん出て楽しいですが、それをどこまで覚えてられるかがネック。重要なことは酔っ払う前に決めてしまう必要があります。

ちなみにこの日は、N編集長がどこかの旅先でもらってきたという「このこ」を持参。お店の大将が皿に盛って出してくれたのですが、「これ、普通に買ったらン万円するよ」という高級食品なのだそう。ナマコの卵巣を干したもので、検索してみた感じでは「くちこ」という呼称のほうが一般的なのかな? なんとも言えない味わいでしたが、とりあえず日本酒にはよく合いました。

20150313

0時前に散会し、デュランバーにちょっとだけ寄って帰路に。

広告