酒米違いの味比べ。

正午に五反田にて、毎月恒例の恋愛心理学取材。おかげさまで「恋愛に効く!男女の心理大辞典」も200回超の長期連載に。

さらに夕方、こんどは「身体にまつわる都市伝説」のほうの取材で、慈恵医大まで。こちらもなんだかんだネタ出しに苦労しながら、300回が夢ではないところまで来ました。

慈恵医大の帰りに、新橋の某隠れ家で日本酒など。下の写真は姫路の「龍力」4タイプ。設計はまったく同じでありながら、原料の酒米だけが異なるというオツなセットです。左から雄町、神力、山田穂、山田錦という4種類。米が違うと味がこう変わる、というのが非常によく理解できます。

20150410

ちなみに、同じく“酵母だけが異なる数種類”の飲み比べもやったことがありますが、やはりより大きく味に影響するのは酵母ですねえ。

広告