K子さんおめでとう。

原稿やってジム行って、その足で渋谷の文化村へ。講談社M氏と打ち合わせをひとつ。

のち、いったん帰宅して再びしこしこ原稿書いて、22時半ごろデュランバーに顔を出す。デュランバーの裏番長、K子さんの誕生祝いを数名でささやかに。果たして、深夜のケーキが喜ばれるのかどうかは難しいところであります。

20150430

仕込んでいたサプライズゲストは登場しなかったけれど、楽しい一夜。

広告