史上最大の一戦。

広く世間一般の関心を集めたメイウェザーVSパッキャオの対決。こんなときだけ出現するわか評論家たちを面白く思わないのはマニアの総意でしょうが、なんにせよ話題になるのはいいことです。

それにしてもこの試合。ボクシングの興行規模としては、たぶん人類史上最大でしょう。将来、貨幣価値が変われば数字で上を行く試合はあるかもしれませんが、どう考えてもこれ以上の錬金術はあり得ない。勝敗の行方を楽しむというより、ひとつの歴史的現象に立ち会うような高揚感がありました。

自宅でWOWOW観戦すればいいのに、これはぜひ仲間と飲みながら共有したいと、わざわざ恵比寿のスポーツバーを予約。渋谷のスポーツバーは1週間前の時点でどこも満席で、世間のお祭り騒ぎを肌身で感じた次第ですが、無事に4名分確保できてほっと一安心です。まわりは外国人ばかりでした。

20150503

中継は前座のレオ・サンタクルス戦から。案の定というか、ボクシング中継に慣れていない客からは、「まだ始まらないの? なんで別の試合流すの?」といった声が聞かれたり、なかにはこれをメイウェザー戦と勘違いしている人も……。ちなみに個人的には、サンタクルスよりもロマチェンコ戦を流してほしかった。

それでもメイvsパックが始まると、場内は両者の攻防に一喜一憂。なかなかの盛り上がりを見せておりました。展開や結果は大方の予想通り。僕は前々から、これは勝敗予想を楽しむ試合ではなく、どうすればパッキャオがメイウェザーを攻略できるのかを共に考える一戦だと言っていたのですが、思っていたよりパッキャオの仕上がりが良かった印象です。とりあえず、この2人が本当に同じリング上で対峙しただけで、感慨深いものがありました。

観戦後はそのままメンバーで飲みツアー。まずはKさんの案内で、代官山の某カフェへ。木更津産のクラフトビール「SONG BIRD」をいただきに参りました。クラフトらしいフレッシュな喉越しが、昼間の陽射しにぴったり。

20150503B

つづいてタクシーで渋谷に移動。先月4/28(シブヤの日)にリリースされた、渋谷発のクラフト「シブヤビール」を飲みにきました。

20150503C

敬愛するサンクトガーレンの製造とあって期待していたのですが、すでに前の店でビールを飲み過ぎてしまい、あまり喉を通らず…。近いうちにリベンジせねば。

一行と別れ、今度はデュランバーのバーテンダー、マツムラ氏と合流。ヒカリエで開催中の肉グルメ博に参戦。今度はワインを飲みながら、ステーキやらローストやら串かつやら。

20150503D

最後は渋谷のBARでシメ。さすがに朝から飲んだくれすぎて、内臓が重たい…。明日は心を入れ替えて働きます…。

広告