鶴見にも戦跡が。

夕方からカメラを携え、JR鶴見線の国道駅へ。ここは首都圏では珍しい無人駅で、見るからに異様な雰囲気が漂う不思議なスポットなのです。

20150720A

改札を出ると(一応Suicaは使える)、ガード下に広がるのはなんとも言えないレトロな場末。

20150720B

20150720D

20150720C

しかし、目的はこういう風景ではありません。構外へ出てみると、この駅舎(?)の壁には、横浜大空襲の際の弾痕が残っているのです。

20150720E

近場ゆえにずっと保留してた戦跡スポットですが、やっと押さえられてよかった。

晩、23時くらいに学大でN編集長と合流し、友人の店でタイトル会議スタート。

20150720F

基本的に装丁やタイトルはいつも版元サイドにお任せなのですが、こうして意見を聞いてくれるのは嬉しいかぎり。どうせ酔っ払っちゃって結論保留になるいつものパターンかと思いきや、この日はしっかりと正式タイトルが確定!

広告