田んぼアート@田舎館村。

盛りだくさんの青森ツアーも、ついに最終日。この日は朝から、津軽平野の田舎館村へ。まずこの、「いなかだてむら」という地名がたまりません。意外と歴史は古く、東北方面での稲作はここから始まったと言われ、実際現地は見事に田んぼばかり。

というわけでここでの目的は、個人的にも楽しみにしていた田んぼアートです。

20150808

実に見事な出来栄え。見づらいけど、写真の下のほうにいる人のサイズとくらべてみれば、そのスケールが伝わるでしょう。

さらに今年はタイアップでこんなのも(スマホのカメラでは入りきりませんでした)。

20150808B

ちなみにこれ、我々は田舎館村役場の展望台から見学しているのですが、田植えの時点で遠近法を考慮したデザインが求められるなど、非常にスキルフルなアートと言えます。

…が、あまりに残念な問題も。展望台まで行列に並ぶ途中に(今回は30分ほど並びました)、これら上から眺める田んぼアートの空撮写真が、あっちこっちに展示されてしまっているのですね。なぜ、これから楽しみに見学したいアートを、先にちまちま写真で見せてしまうのか。なぜ、わざわざ展望台に上がるモチベーションに水を差すのか。理解不能です。

のち、津軽の郷土料理をいただいたり、断崖絶壁の悪路を越えて古遠部温泉に浸かったり。

20150808C

旅の最後は黒石市内散策。酒蔵にも寄れたし、趣きのあるいい町でした。街の交流施設(?)が、銭湯跡地を利用しているのがユニーク。

20150808D

20150808E

すべての行程を終え、心地いい疲労感を覚えつつ、帰路の新幹線車内で乾杯。

……じつは往路よりも人数が減っているのですが、これは盛りだくさんすぎて脱落者が数名出たためです(笑)。

20150808F

知人の会社が仕掛ける旅行ツアーのプレ企画でしたが、これはぜひともまた参加したい。次は冬か、それとも来夏でしょうか。

広告