木下半太『GPS:京都市役所 魔性の花嫁』(PHP文芸文庫)

刷り上がってまいりました! この夏、じつに慌ただしい進行で制作しておりました木下半太さんの新シリーズ、『GPS:京都市役所 魔性の花嫁』。

そもそもの発端は、1年くらい前に半太さんから「海外ドラマの『CSI:』シリーズが大好きで。ああいうのやりたいんすよね」と言われたこと。それが酒の席を重ねるたびに、「友清さんと組むならオカルトネタがいいね」とか「舞台は京都でやりたいなあ」とか、いい感じに煮詰まっていきまして、文庫書き下ろしシリーズとして刊行の運びとなりました。

大まかなあらすじとしては、京都市役所の中にひっそりと設置された、通称「心霊相談課」に持ち込まれる奇怪な事件を、腕っ節ときっぷの良い女性所員と、じつは霊感がある男性所員らが解決に乗り出すというもの。半太さんらしいリーダビリティにあふれた、取っ付き易い1冊です。9/10発売!

20150901

なお、このシリーズはこのあと11月、来年1月と隔月で立て続けにお目見えする予定。ぜひ今から追っかけてくださいませ。

広告