野郎3人金沢旅with石川テレビ。

この週末は、作家の木下半太さん、そして映画監督の李闘士男さん(『デトロイト・メタル・シティ』などを撮った方ですね)と3人で、1泊2日の金沢旅行。多少、仕事に絡めた打ち合わせは交えますが、あくまで出張ではなく、「ふらりと飲みに行こうよ」というノリで、朝から北陸新幹線に乗り込みました。

一時は年に何度も訪れていた金沢ですが、今回はけっこう久しぶり。もしかすると5年ぶりではきかないかも。

ちょうど北陸を“半世紀に1度の大寒波”が襲うタイミングとあって、「果たして、帰りの新幹線はちゃんと動くのか!?」と予断を許さない空気ではありましたが、それはそれとしてまずは金沢21世紀美術館へ。過去に3度ほど取材させていただいているので、それなりに勝手知ったる感じです。

20160123A

でも、有名な「タレルの部屋」にしてもそうだけど、ここは天気のいい日に来るべきかも。雨模様のため、どこを見てもねずみ色。

晩は李さんのご仲介で、地元の石川テレビの面々と合流。ものすごく上等な料亭でカニ会席に舌鼓(…なんと、1人6万円もした!)。たまにはこんな贅沢もいいでしょう。

20160123B

金沢の河岸なんて香林坊くらいしか知らなかったけど、さすが地元の方のアテンドだと、じつに風情のあるいい店ばかり。京都とはまた違った味わいがありますねえ。

20160123C

なんだかんだAM3時ごろまで飲み明かし、金沢の夜をたっぷり満喫。

翌日、そこそこ雪は降っていたけど、新幹線は遅延なく普通に動いてました。なんて優秀。

広告