長濱浪漫ビール。

近著『物語で知る日本酒と酒蔵』のシリーズ的な企画として、今度はクラフトビールの取材を始めています。仮題をつけるなら、『物語で知る日本のクラフトビール』ってとこでしょうか。

地方取材ものとしてはこれが一発目。滋賀県は琵琶湖のほとりに、長濱浪漫ビールのブルワリーを訪ねました。

20160328

20160328B

貯蔵タンク直結のサーバーから注がれるビールってのは、もうそれだけで大変なご馳走です!

20160328C

何かと歴史とゆかりの深い長濱は、見どころには事欠かない印象ですが、近江牛料理を提供するこのビアレストランの存在感はまた格別。

20160328D

正直なところ、どこも何百年の歴史持つ酒蔵と違い、最大でも20年の歴史しかない国産クラフトビールというのは、執筆するうえで各社をどこで差別化すればいいのかと悩んでいました。……が、日本酒に負けず劣らず土着的な文化で、興味深い話しが多々聞けました。大収穫。

国産クラフトビールを語るキーワードは、やはり「町おこし」ということになりそうです。

広告