『日本のいちばん長い日』鑑賞。

戦跡をまわるようになってから、戦争関連案件の引き合いがちょこちょこ増えてきて、このジャンルでは初の著書『一度は行きたい「戦争遺跡」』の上梓以降、それに拍車がかかっております。この日も、知人の紹介でチェックしておかなければならなかった映画『にほんのいちばん長い日』を駆け込み鑑賞。もう都内ではあまり上映していなくて焦りました。

半藤一利さんの原作を元にした、終戦前後のあまり知られていない騒動を描いた作品。軍の中には終戦という判断を認めず、玉音放送の音源を奪おうとクーデターを起こした人たちがいたのです。どこまでが史実でどこまでが脚色か、という問題はあるものの、内閣と軍の関係がよーくわかる物語でした。これを踏まえると、戦跡の見え方も少し変わってきそうです。

晩は桜新町。駅前のBARに飛び込んでみました。『ラポート』というお店。

とっても居心地のいいカウンターで、ハイボールからモルトへと流れたところに、目の前のドクロ型のボトルが目に留まりました。

20150930

スカルボトルといえばテキーラの「カー」が有名ですが、こちらは『カリビアンジャック』というドイツ産ラム。熟成した甘みがほのかに香る、シメに最適な一杯でございました。

里の曙。

奄美最終日。やはり朝から晴天です。ちょこちょこ雲が空を覆うけど、予報が3日間ずっと雨であることを考えれば、これはもう奇跡の範疇でしょう。

この日は念願の、焼酎工場見学。『里の曙』で有名な町田酒造さんへ。

20150928

奄美といえば黒糖焼酎。黒糖焼酎といえば、『里の曙』と『れんと』が二大巨頭、でしょう。

もともと黒糖を原料とする蒸留酒は酒税法上、「焼酎」ではなく「スピリッツ」として扱われてきました。しかしそれでは破格に高い価格を設定しなければならず。奄美群島が日本に返還されたのを受け、昭和28年に米麹を使うことを条件に、特例としてこれを「焼酎」とすることが認められました。

20150928B

『里の曙』では原料の黒砂糖を、他社製品よりも多く用い、芳醇な香りを実現しているのだとか。開封したばかりの黒砂糖を、その場で少し食べさせていただきました。美味。

20150928C

最近は酒蔵やワイナリーばかりだったので、焼酎工場を訪ねるのは久しぶり。

20150928D

どちらかといえば、黒糖焼酎では『れんと』や『太古の黒うさぎ』派でしたが、いろいろ背景を知ってしまうと愛着が湧きますねー。

遠からず焼酎の本をつくりたい。あらためてそう感じた、実り多き旅でありました。

藍染め&泥染め体験。

夜中にはそこそこ雨が降っていたようですが、起きたら2日目もまさかの晴天。荒天を理由にドタキャンした仲間の持ってなさを不憫に思う1日のはじまりです。

20150927

起床して各自身支度を整えたあと、今日はまず鶏飯を食べに出かけます。

白米に具をのせ、鶏でだしを取ったスープをかけて食べる、お茶漬けみたいな郷土料理。さらさら食べられちゃうので、食い過ぎ注意。

20150927B

訪れた店の近所に、5月に訪ねた戦跡の1つがあるので、腹ごなしにちょっと寄ってみました。

20150927C

拙著『一度は行きたい「戦争遺跡」』内でも取り上げている、海軍の特攻艇格納壕。

20150927D

前回は雨が降っていたのでは控えましたが、今回は中にも入れました。

そして午後からは、奄美伝統の藍染め&泥染め体験など。お世話になったのは金井工芸さんの工房です。

20150927E

僕は染める衣類を持参しなかったので、その場で無地の白Tシャツを購入。基本的には布を縛って染め方を調整し、デザインを決めるのですが、いくつかパターンがあるので、サンプルを見ながら「僕、あれやりたい」と伝えれば、懇切丁寧にレクチャーしてくれます。

たとえば水玉デザインは、カメラのフィルムケースを以下のように配置。

20150927F

ケース内が染まらないよう気をつけながら浸していくと……、以下のようになるわけです。

20150927G

ちなみに僕のは下の写真、左端。こうして遠目に見ると、それなりのデザインに見えますね!

20150927H

なお、藍染めは全国でやってますが、奄美オンリーなのは泥染め。僕はそこまで手がまわりませんでしたが、何着染めても料金は同じなので、興味ある方はぜひたっぷりと古着を持参してください。

本当はこのあとシーカヤックに乗る予定でしたが、メンバーの疲労が激しいので中止。みんなで焼肉を食べに行って、またお酒を買い込んで宅飲み二次会。未明までドンチャンやってました。

今年2度目の奄美大島。

本日から仲間と連れ立って2泊3日、奄美大島へ! 5月末にも訪れたばかりですが、今回は戦跡とは無関係のバカンスです。

20150926

…ところが、思いっきり台風とバッティングしそうで、ここ数日気をもんでおりました。とりあえず飛行機は飛ぶようだけど、帰りは危ないかもしれない。それを理由に1人がドタキャン。また、どうしても仕事が休めなくなったと、もう1人ドタキャン。ついでに、冤罪で逮捕されてしまって1人がドタキャン。結局、8人で予定していた旅ですが、5人で出発することに。

今回は成田からバニラエアに搭乗。普段あまり乗らないLCC、これはこれでちょっ興味深いものがあります。

奄美に到着したのはすでに夕方近い時刻でしたが、意外にも晴れ間がのぞいていました。レンタカーに乗って、少しだけ島内を周遊。

宿は話題のAirbnbで手配した、海辺の豪邸です。窓から海が一望できて、なかなかいい感じ。

20150926B

食料や酒をたっぷり買い込んで、この日は宅飲み形式の宴会。

20150926C

2泊3日の行程ですが、LCCやらAirbnbやら活用したおかげで、往復のチケットと宿代あわせて1人3万円ちょっと。素晴らしい。

新連載スタート。

公益社団法人・発明協会が発行する月刊誌『発明』で、「Boxing Blues」なる連載を始めました。

基本的には特許や知財をテーマとした記事でまとめられている業界誌ですが、実に100年以上の歴史を誇るそうで。僕の場違い感は否めません!

とにかくボクシングを題材に何でも好きに書かせてくれるそうなので、僕自身も楽しみながらやっていければと思いますが。

20150925

晩はデュランバーで石田衣良さんと一緒に、メルマガコンテンツの収録。いつも進行がギリギリなので、今日は頑張って3人のゲストをお招きしての3本録りを敢行。

メルマガのプロモを兼ねて、イベント化して地方行脚しようという案も浮上中…。誰か呼んでくれないかな?

ゆうぽうと閉館。

正午から五反田で、恋愛心理学取材。いつもこの取材で使用している「ゆうぽうと」が、今月末で閉館とか。内藤先生と「なじみ深いこのラウンジを使うのも、今日が最後ですねえ」と語り合ったものの、別にしみじみすることはありませんでした。来月からはベローチェだな。

晩。先日KADOKAWAを退職されたばかりのM先輩や、文化放送でアナウンサーやってる某女史らと渋谷で一献。M先輩は大学時代の僕が、一番最初にOB訪問させていただいた方(大学は違うけど)。今後はフリーランスでやっていかれるそうで、面白い絡み方ができるかも!?

朝の帯番組を持っている女子アナ先輩は23時ごろ帰られて、僕はM先輩とデュランバー。

20150924

先行きの見えにくいフリーランスの世界。僕よりいくつか年上のM先輩が、この業界をどうサバイブしていくのか、注目せざるを得ません。

初秋の日本酒会@デュランバー

シルバーウィーク最終日は、デュランバーを貸しきって日本酒の会を開催。

夕方から仕込みスタート!

20150923

基本的にこの手のイベントは、シェフ担当の人のものなので、僕は気楽なもの。この日はゲスト集めもほとんどお任せしてしまったし、皆さんがせっせと準備に勤しむ中、僕はカウンターの端で原稿やってました。

20150923C

総勢十数名があつまって、今回もなかなか盛況。

20150923B

お店のプロモーションにもなることなので、またちょこちょこ仕掛けていきたいと思っております。